一般的な腰痛の原因 『レントゲンの画像と痛みの関係』

ある調査統計では、日本人の80%近くが「腰痛」を経験していると言われているぐらい、日本は「腰痛大国」だと言えます。
昨今の情報社会では、Web上に「腰痛」に関する情報が乱れ飛び「腰痛専門」「腰痛治療の達人」「○○式腰痛治療法」等のキャッチフレーズばかりが目立ち、その数の多さには本当に驚かされます。

一般的な腰痛の原因 『レントゲンの画像と痛みの関係』

この様な、「腰痛産業」が乱立している背景には、「医療機関に行っても治らない」「湿布か牽引だけ」「レントゲンに画像等に原因が無ければ・・・あなたが感じている痛みだから、あなたの責任」という現実があるからだと思います。

一般的な腰痛の原因 『レントゲンの画像と痛みの関係』

「腰痛産業」の被害者のみなさんに、現在の「腰痛産業」地獄から抜け出すための今までになかった『腰痛発生のカラクリ』を提案してみたいと思います。

提案①『レントゲン画像と痛みの相関関係に疑問を持ちましょう。』

現在の医療機関では、「腰痛」の診断基準を骨の形状を映し出す「レントゲン画像」等に頼っています。「二次元的な骨格の画像のみに頼る診断」で本当に「痛みの発生原因」を特定できるのでしょうか?

レントゲン画像からは問題が特定できない「腰痛」の割合は8割以上です。画像診断で原因が分からない「腰痛」は「あなただけが感じている痛みだから、仕方ないね」ということで納得できますか?

一般的な腰痛の原因 『レントゲンの画像と痛みの関係』

レントゲンの画像で「椎間板ヘルニア」「分離症」「すべり症」等と診断されると『骨が・・・』『もうダメだ、一生もんだ』と思い込んでしまうような「現代医療洗脳」にかかっているケースがあまりにも多くあると感じます。
「本当に?レントゲンの画像診断と痛みは関係あるのでしょうか?」まずは、診断の基本的概念が本当に正しいのか?疑問を持つことが解決への第一歩だと考えます。

一般的な腰痛の原因 『レントゲンの画像と痛みの関係』

提案②『レントゲン画像には写らない、腰痛の発生原因を解説します。』

関連記事

ページトップへ