偏頭痛(片頭痛)の発生原因は?『薬では解決しません!ご注意を・・』

『頭痛』関連の国内患者数は840万人以上いるといわれています。『偏頭痛(片頭痛)』の主な発生原因は、「頭の中の血管が強く拡張するため」だと考えられています。

一般的には、セレトニンの過剰放出により脳の血管が収縮した直後に、血管が急激に拡張して、血管を取り巻く三叉神経が圧迫されて『偏頭痛(片頭痛)』が起こると説明されていることが多いのですが、「偏頭痛発生のメカニズム」として、この論理が本当に正しいのでしょうか?「血管の拡張」にばかりフォーカスする理由は、残念ながら「薬の利権」以外に考えられません。他の選択肢は与えずに、「薬を飲むしかない」という心理状態に追い込むためなのです。

提案①『偏頭痛(片頭痛)からの脱出!まずは、薬から脱しましょう!』

みなさんもご存知の通り「薬は毒物であり、すべてに副作用のリスクがあります。」少量で短期の服用ならば肝臓と腎臓が薬毒を処理してくれますが、投薬が習慣化すると副作用の出現が深刻になってきます。水面下で病気が進行していたり、神経系・心臓・生理機能が弱っていたりするとショック死(アメフィラキーショック)に至るケースもあります。

市販の風邪薬でさえ、失明や死に至るような肺炎等の重大な薬害が起きていますが、医師や製薬会社が「病死」と偽って報告したり、患者側は薬の副作用とは気づかずに闇に葬られているという事実も多くあるのです。現在の保険制度に支えられた日本の医療は「薬の医療」です。「薬の医療」に苦しめられているのは誰で?「薬の医療」で利権を貪っているのは誰なのか?今一度、冷静に考え、利権の犠牲にならないように自分自身を守りましょう!

提案②『偏頭痛(片頭痛)の原因は、頭部のポジションにあった!偏頭痛発生のカラクリを解説します。』

注)只今、動画を編集中です。近日更新予定です。

 

 

関連記事

ページトップへ