足首捻挫・内側の痛み対策<基本編>Yメソッド・トレーニング①

ポイント

内反捻挫(通常の捻り方)とは真逆のストレスがかかっているので、脛骨(スネの骨)内側部を刺激しながら適切に行います臀部の深層部(奥の部位)が動くように意識してください。

注意点

「患部に近い部位」刺激しないように注意してください。

関連記事

ページトップへ